ケアハウス求人 > 福島県訪問介護 > 会津若松市訪問介護 > 若松第二包括支援センター

ケアハウスの就職や転職に不安は無いですか?

    不安を解消しましょう

    ケアハウス求人 ・お給料は?

    ・有休は?

    ・勤務時間は?

    ・通勤時間は?

    ・一緒に働く人はどんな人?

    『就職・転職の不安に繋がる』という方が大勢います。

    こんな不安を解消出来れば就職・転職できますか?

    求人登録

高待遇で就職しよう

    そこで注意点です

    会津若松市訪問介護で働く場合「今の職場や求人票の給与が高い求人先」というのは、就職・転職先を決定する際のとても大きな要素とります。

    ただ、それだけで就職・転職先を決めてしまうと大きな落とし穴が待ち受けていることがあるんです。

    ここであなたに必ずチェックしていただきたい事は、「なぜ給与が上がるのか?」ということです。

    ケアハウス求人 就職・転職したのはいいけど、残業ばかりで、時給計算したら前職の方が給与が良かった、なんて事もしばしばあります。

    給与アップと引き換えに、今までの生活リズムがメチャクチャに、なんてことが無いように、「給与アップの理由」を必ず確認する事が必須です。

    しかし、給与や労働条件をあなた一人で完璧に確認することは不可能に近いと思いませんか?

    それが、『就職・転職の不安に繋がる』という方が大勢います。

    不安解消の為にコチラの人材紹介会社を使ってみませんか。

    カイゴジョブ申込み

良い求人があれば就職・転職を考えたい

    求職をする場合、「良い求人があれば就職・転職を考えたい」と思っていても、日々のお仕事や勉強に追われて、なかなか就職・転職活動が出来ないという方も多いです。

    そんな時に便利なのが転職のサポートをしてくれる人材紹介会社です。

    希望就労条件を伝えるだけで、数日以内に複数の求人を紹介してくれます。

    ※ホームページに掲載出来ない未公開求人も多数あります!

    カイゴジョブ申込み

若松第二包括支援センターの詳細

郵便番号 965-0862
住所 福島県会津若松市本町1-1
電話番号 F専 0242-27-0235
MAP ◆位置情報

若松第二包括支援センターと広告は一切関係がありません。

介護士の資格を持った人の需要が高まってます。

これからますます高齢化社会に進んでいく日本では、介護士の資格を持った人の需要が高まっていくことが予想されます。

しかし中にはあまり待遇がよくない職場で働いている人もいるようなので、これだけ働いているのに、こんなに安い給料では納得できないという人があれば、思い切って転職を検討することをおすすめします。

どの市町村でも、介護士を求めている介護施設は多いので、ひとつのところで無理に働き続ける必要はありません。

市町村の介護士の求人の最新求人情報を知りたいときは、インターネットを利用するとよいので、時間があるときに探してみるようにしましょう。

市町村にある各施設の窓口に、直接求人情報を問い合わせることも出来ますが、時間がかかって面倒なので、パソコンやスマートフォンを使って、介護士求人情報サイトをチェックした方が簡単です。

複数の施設の待遇を比較することも出来るので、最初から条件の良い職場を選んで面接を受けたい方におすすめです。

介護支援専門員の勤務先

介護支援専門員(ケアマネージャー) とは

【仕事の内容】
本人の希望を交えて、介護サービスの利用方法や種類などをコーディネートするお仕事

①65歳以上の介護が必要だと申請した方の状態を確認し、介護認定を行う
②介護(支援)認定された方に必要な介護を考え、プランを作る
③作成したプランに必要なサービスの連携をとる
④家族やかかりつけ医と連携をとり、ご利用者本人の状態を把握する など

【勤務場所】
居宅・小規模多機能・特別養護老人ホーム(特養)・包括

【必要な資格】
介護支援専門員

無資格未経験の方にオススメ

無資格未経験なら非正規雇用もオススメなワケ!

無資格未経験であればいきなり正社員からではなく、非正規雇用からはじめるのも手です。

特に派遣は未経験の方なら時給も高待遇ですし、なにより派遣会社に相談できたり交渉してもらえたりとサポートが受けられるのでおすすめです。

特別養護老人ホームなどでも非正規雇用で勤めていれば、夜勤をさせる施設はほとんどありません。

夜勤は慣れていないと、思ったより精神的にも体力的にも負担が大きいものです。
ただえさえ未経験で仕事に慣れていないのにさらに夜勤が入ってくると最初はかなり辛いと思います。
ただ給与はもちろん正社員よりも少ないので、そこは念頭に置いておきましょう。
まずは経験を積むため、適切な資格をとって体育ためと割り切ることも必要になります。